応募を希望する皆様

 このたびは、本学院へ応募をお考え下さりありがとうございます。
本学院は全日制の中学・高校に加え通信制課程の普通科を今年度より開設しました。この約10年、生徒数は増加し続けております。その一方で、三重県の人口減少は今後確実に進み、本学院を含め私学の学校運営は次第に困難になっていくことも当然予想されます。このような状況の中で本学院が安定的な学校運営を図り、私学としての未来を築いていくためには、ひとえに教育の力を伸ばしていくことが重要で、この観点から教員一人ひとりの教師力にかかっていると考えております。そこで私たちは、応募をお考えの皆様に、教育に対する夢やビジョンをお教えいただき、私どもと一緒に学院の未来を築いていきたいとの希望を持っている方々の応募を期待しております。
本学院は、2017年より「育成入試」という入試方式を導入しました。これは本校が独自に作成している「育成入試問題集」を使って、受験勉強の段階から学習習慣や基礎学力の定着を図り入試そして入学後の学習につなげていくという試みです。また、入学試験の出願から成績管理に至るまで完全にデジタル化し、受験者への成績開示も徹底して行い、入学後の指導へと結びつけようと取り組んでおります。さらに、本学院では情報開示を中心概念に据えたDX化を展開し、新しい教育にも力を入れております。
“Scritivo(スクリティーボ)”と名付けたe-Learningシステムを独自に開発し、日々の学習に活用しています。この“Scritivo”は、単に解答の正解不正解といった結果を管理するのではなく、生徒の解答の様子が再生でき、また学習時間の管理ができるなど、学習に「時間」というファクターを取り入れて分析できる仕組みになっています。(HP参照)また、別のプログラムを開発し、学習活動にさらに展開し、学院の特色ある教育に発展させようとしております。このために本学院の教育に携わる教員には新しい考え方や積極的な関わろうとする考え方が必要であると思っております。これらの点について、皆様のお考えを是非、お聞かせいただきたいと思います。
加えて、本学院では、近年、クラブ活動、特にバスケットボール、女子ラグビー、弓道などの活躍も注目されています。さらに、本学院敷地を活用しての里山づくりや隣接する御池沼沢での生物環境調査など、生徒がいきいきと学ぶことができる新たな試みにも取りかかっています。この他にも、今後さらに多様な学びの場を広げていく取り組みも必要であると感じておりますので、このような視点についても具体的な提案を示していただきたいと願っております。私たちの実践に関心とご理解をお寄せいただき、ともに本学院の発展に寄与して下さる人材を求めてこのたびの教員の募集をいたしました。つきましては書類選考として下記の3点をご提出ください。本学院の実践についてさらに詳細をお知りになりたい場合は、遠慮なくお問い合わせください。

四日市メリノール学院
理事長 伊藤春樹


書類選考について

今回の採用教科は
国語(常勤・非常勤)
数学(常勤)
理科(常勤・非常勤)
社会(常勤)
技術(常勤)
養護教諭

 

1.履歴書(見込みも含めて)

 

2.教育に対する考え方(Scritivo の活用は必須)

 

3.教育活動の充実に向けた提案

 

書類提出期限:2024 年   月   日まで

 

書式:履歴書は Word 、提案は PowerPoint で作成したものをお願いいたします。書類
選考後、面接と一時間の実習(授業)を行っていただきます。
採用決定後、教員免許状の写しなど本学院採用規定に従った書類提出をお願いい
たします。

 

提出先:〒512-1205 四日市市平尾町2800
四日市メリノール学院 理事長 伊藤春樹 宛て

 

募集要項について

 

お問い合わせ

メール:h-ito@maryknoll.ed.jp

電 話:059-326-0067

(できるだけメールでの問い合わせをお願いいたします)

※なお、今年度は事務職の採用はございません。